STORY

「……ともかく、自由になりたいなら、一年以内に、1000万ロス払ってもらおう。それが駄目なら……――」

平凡と誠実を愛する一市民のウカに『ある理由』で突如降りかかってきた高額な支払い義務。
駄目なら、ウカにとっては地獄が待っている。自由を取り戻すには、なんとしても、払わなければならない。

ウカが知り合いの魔導師に泣きつくと、ぴったりのお仕事を紹介してくれるという。
合法的に、一年で、1000万稼げる、三食昼寝とおやつ付、衣食住保証の、かんたんなお仕事。

それは――――

「何もする必要は無いですよ。名目は『蝶』ですが」
「『今年』の『蝶』を探してるんだ」
「『蝶』の皮をかぶった囮だな」

――――『王様の蝶』……、王の男の愛人だった。

「よりによって、『王様』の『蝶』……、しかも金で雇われるなんて、三重苦だろ……」

払う為には、この苦行をまっとうしなくてはならない。払えなければウカには地獄が待っている。

ミシュトラ王国、ラグーア城砦、藍帝国、のいずれかの国で一年を『王様の蝶』として過ごすことになるのだが、
王が、魔導師に頼んで金で『蝶』を雇うからには、各々事情があるようで……――